英語教室ケイティ先生のBlog❤HUG❤

楽しく子育て♡英語を通じてもっと親子のコミュニケーションを!

旅行先での自撮り棒使用に気を付けて!海外で禁止されてる場所

本州も東海地区まで梅雨が明けましたね~

いよいよ夏本番!

梅雨が明けた途端、日差しがとっても夏っぽいです☆☆☆

 

夏休み(^^) 

皆さんお出かけの計画はばっちりですか?

 

f:id:Hugsforyou:20160718151615j:plain

 

自撮り棒、お出かけシーズンはまだまだ活躍しますね

ミノルタカメラが発明し、1990年代から広まり、

2013年にインドネシアで火が付いて一世風靡したこの自撮り棒

 

流行と共にマナーの悪さや、自撮り棒が原因の事故などが問題となり、

禁止する場所が設定され始めました

ここ最近では、

2015年9月にJR西日本が在来線・新幹線問わずにホームでの自撮り棒を禁止

したことが印象に残っていますね

 

日本で使用が禁止されている場所は、代表的な場所として

 

ディズニーリゾート

コンサート会場

博物館や美術館

 

主に人が沢山集まる場所がNGですが、

 

海や山、川など自然の場所にお出かけの皆さま~

ケガと周りの人には気を付けて、素敵な写真を撮ってくださいね

 

海外では、禁止の場所が多いので注意が必要です

この夏、長期休暇を利用して海外旅行に行く方も多いですね~

いいな~ いいな~ (^-^)

 

この自撮棒

英語では selfie stick (セルフィー スティック)といいます

f:id:Hugsforyou:20160718151524j:plain

 

海外で、使ってはいけない場所を調べてみました

 

☆世界の全てのディズニーリゾート

☆シックス・フラッグズ(アメリカ、メキシコ、カナダにある遊園地 )

☆ロンドン エミレーツ スタジアム

☆ロンドン ナショナルギャラリー

☆ロンドン ブリクストンアカデミー

ブリスベン美術館

ニューヨーク近代美術館

☆ニューヨーク ソロモン・R・グッゲンハム美術館

☆ニューヨーク フリック・コレクション

☆ニューヨーク クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館

☆ニューヨーク ディア・ビーコン

ボストン美術館

☆カリフォルニア ゲッティ―・センター全域

☆ワシントン ハーシュホーン博物館と彫刻の庭

☆ベルサイユ宮殿

☆ローマ コロッセオ

☆シカゴ ロラパルーザ ミュージックサマーフェスティバル

☆ニューヨークではトラやライオン、大型の猫との自撮りはダメ

サウジアラビア メッカ

☆南フランスのビーチ

☆スペイン パンプロ―ナでの牛追い祭り

 

など

 

韓国では、日本から持ち込んだ自撮り棒での撮影は問題ないようですが、

現地で購入する場合は、国から許可を得た自撮り棒の発売しか許されてないので

気を付けてくださいね

 

f:id:Hugsforyou:20160718152221j:plain

 

禁止されていない場所でも、周りに気を付けて

マナー良く使用したものですね♡♡♡

 

Enjoy your summer trip!